宮地嶽神社

結婚式・ライフイベントlife event

神前結婚式

厳粛な気持ちで迎える、人生に一度の神聖な儀式。 古の神々に見守られながら、古式ゆかしき雅楽の音色に包まれます。 緑ふかき宮地嶽神社で、二人を結び合わされた大明神のご配慮に感謝します。

ご案内

宮地嶽神社では本殿にて挙式を承っております。 新郎・新婦以外のご親族は各15名ずつお席をご用意できます。 挙式の説明や式場見学も承ります。
お申し込みは、【電話】0940-52-0016 または直接神社へお越しください。
【挙式料】本 殿 10万円
※詳細はこちらのPDFをご覧ください。

本殿挙式にともなう「ご祈祷」待ち時間のご案内

ご本殿にて結婚式斎行の間は、「ご祈祷(お祓い)」を挙式時刻の前後20分程お待ちいただいております。 ご希望により本殿横の祈祷殿で、お祓いをさせていただいています。 ご参拝の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 なお、お祓いの受付・控え室は終日ご利用いただけます。

式次第



一、参進(さんしん)
神職が先導し、新郎新婦が式場へ入場します。

一、修祓(しゅばつ)
これから神前にてご婚儀の神事を行うにあたり、新郎新婦並びにご両家の参列者をお祓いします。

一、祝詞奏上(のりとそうじょう)
めでたく夫婦となりますことを神様に感謝し、これからは助け合い、仲睦まじく暮らせるようご祈願します。

一、三献の儀(さんこんのぎ)
新郎新婦が、より強固に結ばれることを目的とした固めの盃です。

一、指輪交換(ゆびわこうかん)
お互いの指輪を交換し、永遠の契りを約束します。

一、誓詞奏上(ちかいのことばそうじょう)
お二人が、永遠の契りをご神前にて誓う儀式です。

一、新郎新婦玉串拝礼(しんろうしんぷたまぐしはいれい)
玉串を奉り、大神様のご神徳を授かります。

<玉串拝礼の作法>
1.右手で榊の根元、左手で先の方を下から支え、胸高に持ちます。
2.玉串を立て、左手を下ろして両手で根元を持ち、祈念します。
3.右手を離して、玉串を下から支えます。
4.玉串を時計回りに回し、根元をご神前に向けて、案上に捧げます。
5.その後に、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

一、 媒酌人玉串拝礼(ばいしゃくにんたまぐしはいれい)
媒酌人に玉串拝礼していただきます。

一、親族代表玉串拝礼(しんぞくだいひょうたまぐしはいれい)
ご両家の代表の玉串拝礼にあわせて、ご参列の皆様全員が、新郎新婦のご多幸をお祈りします。