厄除け Prayer

厄除け

厄年は、古くから社会における重要な年回りとされ、神事においても重要な立場に当たりました。そのため、厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことであるともいわれます。その役を行うにあたって神様に失礼のないように、飲食や行為を慎み、心身を清浄にするためにお祓いを受けたのが始まりであると考えられています。また、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年でもあり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。

厄年は、数え年で男性は25歳、42歳、61歳で、女性は19歳、33歳、37歳とされ、中でも男性の42歳と女性の33歳は「大厄」といい、その前後の年齢も「前厄」「後厄」として、特に忌むべき年齢といわれています。 厄祓いの方法としては、神社にお参りし、ご祈祷するのが一般的です。

厄除けまつりのページを見る

本年度(平成29年度)の厄除け表

年齢(数え年) 前 厄 本 厄 後 厄
男性の厄年 24歳
(平成6年生まれ)
25歳
(平成5年生まれ)
26歳
(平成4年生まれ)
41歳
(昭和52年生まれ)
42歳
(昭和51年生まれ)
43歳
(昭和50年生まれ)
60歳
(昭和33年生まれ)
61歳
(昭和32年生まれ)
62歳
(昭和31年生まれ)
女性の厄年 18歳
(平成12年生まれ)
19歳
(平成11年生まれ)
20歳
(平成10年生まれ)
32歳
(昭和61年生まれ)
33歳
(昭和60年生まれ)
34歳
(昭和59年生まれ)
36歳
(昭和57年生まれ)
37歳
(昭和56年生まれ)
38歳
(昭和55年生まれ)